水素水で高血圧予防を

知っておきたい水素の知識

水素水で高血圧予防を

美容や健康に効果があると人気の水素水ですが、高血圧への効果効能もあるのです。高血圧は生活習慣病の乱れが主な原因とされています。生活習慣が乱れると活性酸素が増加し、高血圧ほか、さまざまな悪影響を及ぼすのです。
水素水の中の水素はこの活性酸素と結びつき除去する役割を果たすのです。活性酸素が血液中に増えると血液がドロドロになり血栓が発生します。
水素水で高血圧予防を それが原因で起こる症状が脳梗塞であり、心筋梗塞なのです。脳梗塞や心筋梗塞など高血圧の合併症である重大な病気につながることのないよう、原因となる活性酸素を日ごろから取り除く必要があります。水素水を日常的に飲むことで、正常値に近づいたり、症状が安定して健康を取り戻すことができるのです。
水素水の効果はすぐに現れるものではありません。とにかく継続して毎日飲み続けることが必要です。 活性酸素と結びついた水素はただの水になって、尿と一緒に出てきます。そのため副作用の心配もありません。

水素水は医学的研究が進んでいます

水素水には医学的に効果があることがわかってきましたが、大学の医学部などで数多くの研究が行われています。
2015年だけでも「神経障害性疼痛を軽減する」「大腸がんに対する抗がん剤5-フルオロウラシルの作用を増強する」「アトピー性皮膚炎に有効である」「水素豊富水に白金ナノコロイドを加えると、相乗的に活性酸素除去作用があり血液の流動性を改善する。」などの研究結果が発表されています。
このように研究が進んできた水素水ですが、今までは濃度の高いものを作ることが難しかったり、実際に飲むときには濃度が薄くなってしまったりしていましたが、最近では作成方法も研究が進んで、水道水に直接つないで高濃度の水素水を作ることができるサーバーなども開発されていて、一般の人でも高濃度のものを飲むことができるようになって来ました。
水素濃度が1.6PPM前後あるものが水素水としての濃度と言われていますが、安定して飲めるようになったことによって、ますます導入する家庭が増えていく可能性が大きくなっています。